アルメニアの歴史

アルメニアの歴史

Share

アルメニア・ハイランドは、小アジアとイラン高原の間に西アジア、黒海やメソポタニア平野の北部の、境界線に位置しています。アルメニア人々が、アルメニア・ハイランドには彼らの国家を発信され、作成されし、彼らは、ここに独自の文化を作成しました。アルメニア・ハイランドは、ほぼ完全に歴史的アルメニア祖国と一致している。通商路戦略的要衝に位置し,多くの資源にも恵まれたアルメニア・ハイランドは,大勢力の野望を誘ったため,国家を建設・維持できたのは、断続的でした。初めて、アルメニアという国について、紀元前3世紀のシュメールの楔形文字でわかる。その国は、ハヤスタンになってしまった。ハヤという言葉は、スタン(陸)という接尾辞と結合されている。ハイクは、アルメニアの一番強くて、有名な指導者だった。彼の名前に因んで、その国はハイクの陸と呼ばれていた。ハイクは、アララト山ふもとに住んでいて、たくさん旅行して、バベルの塔を作るために影響を与えた。帰った後、彼はバベロニアのベルという王様に勝たせた。それは紀元前二千四百九十二年のことだった。紀元前13ー12世紀のアスィリア・バベロニアの楔形文字のとおりに、アルメニアはナイリと呼ばれていた(川の国)。考古学の発掘によると、アララト王国は明らかになった。そのときの証明は、現在のアルメニアの首都、エレバンにあるエレブニという要塞の遺跡だ。エレブニ要塞は、13年ローマの前に、紀元前782年に設立された。紀元前1世紀、アルメニアの黄金時代と呼ばれた。文化も発展したし、芸術も発展した。アルメニア・ハイランドの最初の統一王国は,旧約聖書にアララト王国として登場する,アッシリア帝国は強力なライバルだった。前6世紀から同4世紀にかけて、アケメネス朝ペルシャの統治下に入りました。ヘレニズム期の前2世紀には,アルタシェス王朝が起こります。大アルメニアは、ティグラン2世(紀元前95-55年)の、治世の時代に、その力のピークに達した。最大規模の一公人と将軍でした。ティグラン二世大王の治世には、黒海,カスピ海,地中海に届く、大アルメニア王国になりましたが,ローマとイランとの争闘戦場になり,その結果、アルメニアは「緩衝国」化されていきました。アルメニア人のために、一番難しかった時代は、紀元1世紀だった。そのときパルティ人の墓的な影響で、支配者はつながりは、だんだん悪くなってきた。2世紀半分ごろ、ローマ人の与えた影響で、強くなってこの地域で、自分の影響を与えるようになった。このようにして、アルメニアはローマの敵になった。そのときから、アルメニアのアルシャクニという王朝が、始まって4世紀までに続けた。長い時間、アルメニアとローマのあいだにあったもがくの後、やがて紀元66年にローマのネロンという王様によって、トリダテス第一は、アルメニアの王様として王冠された。そのときから、アルメニアの賦活が始まった。たくさん古代の要塞と都市が、再建されてきた。その時代の大切なことは、技術と科学の進めたということだった。ワガルサパタゥという新しい町が、建設されました。この町でキリスト教を普及し始めた。301年に他の国と比べたら、世界中で初めて、アルメニア人によって、キリスト教を認めた。ローマでは313年のミランの勅令でキリスト教を認めた。第二目キリスト教を国教として受け入れた国は、319年にエチオピアでした。伝説によると、紀元1世紀にアルメニアではキリスト教を教えていった人は、イエス・キリストの二人弟子たち、タデオスとバルダゥギメオスだった。聖グリゴルの頑張ったおかげで、当時のアルメニアの王様トリダト第三もキリスト教は国の宗教として認めた。そのときまで、一番人気がある宗教はゾロアスター教だって、異教も少なくなかった。 387年に、アルメニアは国家を失って、一部はビザンティーン、一部はパージャのものになった。アルメニアの歴史の中で、一つ大切な戦争があった。451年アワライルという戦争だった。その戦争の時、アルメニアの軍隊は十万人だった、そのうち六万六千人は閣僚戦士連隊てした、三万四千人はボランティアでした。ササンのイランの軍隊は、二十一万四千人だった。それにかかわらず、アルメニア人は勝つことができた。アルメニア人のために、精神的勝利です。5世紀初頭にはメスロプ・マシュトツによって、アルメニア文字が創造され,聖書のアルメニア語訳もなされ,文学が発達し,教会建築もその基礎様式を固めるなど。5-6世紀は、文学と建築が花開いた時期でした。

中世のアルメニア

バグラタィドのアルメニアーアルメニアの中世の王国

7世紀にアラブの侵略で、ササンのイランが、崩壊し始めた。そのときアルメニアでは、アラブカリフは自分の影響できるようになった。アルメニアにも支配できるようになった。長い時間戦った後、アルメニア人は勝つことができた。859年にバグラタゥニのアソトは、アルメニアの王様になった。彼に王様から王様という名前をつけた。885年にアソト王様はアラブカリフによって、アルメニアの王様として認識された。9世紀のはじめのころ、アルメニアの経済や文化や政治が発達した。9世紀半に、バグラト王朝が興り,国際交易における重要な位置を回復周辺をはじめとして、幾多の都市が勃興し,アルメニアは教会建築上の絶頂期。アニという要塞は、5世紀から人気があった。そして、961年アルメニアの都になった。アニは千一教会の町と呼ばれていた。アニ町は石垣で囲まれていて、たくさん公園があった。アニ都の人口は十万だった。ヨロパにある都会より、人口で一番多かった。10世紀末アルメニア高地は、ビザンチン帝国の東進から蚕食した、そしてセルジュク部族の侵攻を受けました。11世紀にバグラチド王国は、だんだん崩れるようになった。その時セルジュク部族とトルコは強くなってきた。11世紀から、アルメニアの北の方に、自分の影響を与えるようになった。モンゴル帝国,チムール帝国などの侵入を相次ぎ受けて、国土は荒廃し,多くのアルメニア人が、移住しました。バグラチド王国の後移住したグループの、一部は地中海の南の方に、新しいアルメニアの王国を作りました。それは、キリキアという王国だった。この王国が約三百年間ありました(1080年からー1375年まで)。初めてアルメニア人は、地中海に現れたことは、紀元前96年ー95年だった。キリキア王国は、だんだん強くなって、1198年にビザンシアムと十字軍戦士によって、君主の王国として認めた。タタールエンパイアの破壊の後、アルメニアではまだ他の略奪者の侵略が終わらなかった。その時、レンク・テムルとシャハ・アバスの軍隊は、アルメニアへ侵略した。1639年に西アルメニアは、トルコ、東アルメニアは、ペルシャの一部になった。このような状況は19世紀の20年代のころ続けた。オスマン帝国やイランの間で争奪戦が繰り返された結果,アルメニア地域は両国に分割され,「トルコ領アルメニア」、「ペルシャ領アルメニア」となりました。10世紀から12世紀まで、アルメニアはロシアと親しくなった。その理由はトルコとペルシャの専制政治だった。1804年にギュリスタンの契約によると、歴史的なアルメニアの地方の一部(ARTAKH)は、ロシアの一部になった。1828年のタゥルクメンチャの契約によると、東アルメニアのエレバン汗国ロシアの一部になった。19世紀の終わりごろオスマン・トルコによって、アルメニア人の虐殺が始まった。その虐殺の時特にサスン、ゼイタゥヌ、ワン地方の抵抗力が有名だった。1915年の、アルメニア人の虐殺も忘れられない。その虐殺の時約百五十万人が亡くなった。助けられた人々世界中に散在して、ワンピース東アルメニアで、避難所をみつけった。1918年の五月二十八日にアルメニアは独立の国になった。1920年にアルメニアは、ソ連に入った。ソ連に入った結果「ソ連アルメニア」と呼ばれました。
1991年からアルメニアは、まだ独立を手に入れることができて、今まで独立国です。アルメニア人の大部分は、キリスト教人で、アルメニア人の90パーセントは、アルメニア使徒教会に族している。アルメニアの教会は、とても保守的な教会です。アルメニアの教会に、コプト正教会、シリア正教会やエチオピア正教会が似ている。アルメニアには、カトリック信者、福音派の信者そしてプロテスタント信者もいる。ヤズデイ教派、イスラム教派そしてユダヤ教派の代表にんもいる。

http://en.wikipedia.org/wiki/History_of_Armeniaから取られた材料